セブンイレブンアルバイト店員の欠勤ペナルティに関して

少し前に東京都武蔵野市のセブンイレブンの加盟店が、欠勤した女子高生のアルバイトに対して、欠勤した分のアルバイト代約9000円強を罰金として徴収していた事がニュースで報道され話題になりました。
これを知った私の最初の感想は、罰金はいくら何でもダメだろ、といったものでした。
ただこのオーナーさんの気持ちは分からないでもないです。
急にアルバイトが休んでシフトに穴があけば、一緒に入る他のスタッフさんにも迷惑が及びますし、自身も仕事や予定にしわ寄せがくるでしょう。
それが一度ではないとしたら腹が立つのはわかります。
私もコンビニを一応経営している立場なので、こういった場面には何度も遭遇してきました。
それに高校生や大学生の学生アルバイトは皆が皆そうではないのですが、基本的に部活道の延長のような感覚できてる人が多いので、自分が急に休む事によってお店に迷惑がかかる事を全く考えない子が多いです。
それ以前に高校生はテストやら部活やら検定やらで忙しいのは承知してるので、私もよほど人手不足でなければ採用しませんが。

私の場合は、採用したら最初にアルバイトでも働く以上は自分の事だけでなくて、お店や一緒に働く仲間のことも考えてね、といった旨のことは話します。
さすがにシフトに穴をあけたら罰金とるぞ、とまでは言えませんが。
それでもちゃんとこちらの意図を理解してくれる人もいれば、適当に聞き流す人もいます。
後者の人は採用しても長続きしない事がほとんどですね。

こういった欠勤ペナルティや、食品の廃棄ロスや、恵方巻きやクリスマスケーキの予約獲得のノルマが最近話題になってますが、コンビニにとって決していい話題ではないです。
こんな負の部分ばかりが話題になると、コンビニはブラックアルバイトだと認識されてしまいます。
たださえ最近は人手不足で、募集してもスタッフが集まりにくい状況です。
ほとんどのコンビニのオーナーさんは、欠勤ペナルティやきついノルマをスタッフさんに課す事とは無縁だと信じたいですし、こういった事ばかり話題になり、真面目なオーナーさんに対して失礼ではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA