コンビニ店長は休みが取れるか?

世間一般でのコンビニの店長やオーナーのイメージというと、24時間営業で大変そう、とか、休みがなさそうで大変だね、といったよくない印象が多いようです。
では実際にはどうなのか?
私の知る限り人により、です。
本当に休みなく毎日毎日10時間以上お店にいるオーナーさんもいます。
毎日毎日10時間以上でなくても、ほとんどのコンビニオーナーさんは年間でほぼ休みなくお店にいるのではないのでしょうか?
ですが、中には週2日しっかり休みを取られている方もいますし、店長を雇ってお店にはほとんど来ないオーナーさんもいます。
私はコンビニの店長を始めた頃はオーナー店の店長として雇われたのですが、そこのオーナーさんはほとんどお店に顔をださない方でした。

どうすれば休みを取れるのか?
一つは、従業員をしっかりと育てて、自分がいなくてもある程度お店を回せる状態にしておくことです。
従業員を育てることはコンビニに限らず、どこの職場でも同じでしょうが、特にコンビニの場合は社員ではなくてパートさんやアルバイトさんをメインに雇わなくてはならないので、その人たちをいかに戦力化するかが大事です。
私もあまり人の事は言えないのですが、店長やオーナーは自分で何でもやろうとしまいがちで、パートさんは基本的な業務(例えばレジ接客とか清掃、品出し)をこなす以上のことまで教わってない場合が多いです。
発注業務だったり、精算業務だったり、もうワンランク上の業務を任せられる人がいれば、自分が出なくてもお店を回せることはできるでしょう。

もう一つは、自分が休むことにより経費(人件費)は膨らみますので、それでもよいか判断できる事です。
例えば自分+パートさん1人の計2人でシフトをやりくりしている場合、自分が休む時には1人分の人件費が余計にかかります。
自分が10時間入っていたら、例えば時給800円だとして一日当たり8000円の人件費が増加します。
人件費が増えれば、その分の利益は減ります。
毎月利益が十分にでているお店は毎週この8000円の負担があっても大して痛くないのですが、売り上げがあまりよくないお店は利益も当然低いので、そこをどう判断するか?です。
雇われ店長さんは、完全な歩合制で雇われてない限り、月給は変わらないので、ある程度の利益を残せれば休みを取れるような体制を築くべきでしょう。
ただ、私もですが経営者であるオーナーが店長をしている場合、自分が頑張れば手取りも増えることになりますので、凄い儲かってるお店ではない限り、休まずに頑張ってしまいがちです。

最近は特に労働者の労働時間や残業時間について世間的に注目されていますが、大半のコンビニオーナーや店長からしたら、何の話だ!?と言った感じではないでしょうか?
ただ我々も人間なので、経営者とはいえあまりに長時間労働したり、休みがなかったりすると壊れてしまいます。
体も壊しがちですし(私は腰が弱い)、精神的にも壊れてきます。
その辺を考えて、オーナーさんはシフトのやりくりと自分の休みをうまく調節する事も大切でしょう。

<Sponsered Link>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA