コンビニでオムツを売って

ツイッターで「コンビニでおむつを売って」というツイートが話題になってます。
そこで、コンビニでおむつを売っているのか?という疑問に対する回答ですが、
私のコンビニでは実際にはおむつを売っています。
ドラッグストアなどで売られている、何十枚も入ったやつではなくて、せいぜい10枚くらい入っているものです。
ただし回転はよくありません、つまりほとんど売れてません。
ただ、需要が全くないというわけではなくたま~に売れます。
おそらく買っていかれるのは、赤ん坊連れの観光客でしょう。

仮にコンビニでもドラッグストアなどと同様に、様々なサイズや様々な量の入ったおむつやを置こうとしたら…
ちょっと想像してみましたが、結構なスペースを取るでしょう。
おむつだけでなくて、同じ陳列スペースに粉ミルクや、哺乳瓶などのちょっとしたベビー用品を揃えるのも売り場としては面白いかもしれません。
ただ、すべてのコンビニでこのような売り場が有効か?と問われれば、例えばビジネス街などでは需要はないでしょう。
やはり小さい子供が多い世帯の立地や、若いファミリー層が多く訪れる観光地などが有効ではないでしょうか?

こう考えると、もはや一般の人には何でも売ってて当たり前のお店、という認識になっているのでしょう。
これはコンビニに携わる者としては素直に嬉しいです。
ただし実際には需要の高い商品を厳選して品揃えしているわけです。
コンビニも小売業の一つですので、すべてのお客様の「これを置いてほしい」に応えていても、利益がとれなければたちまちやっていけなくなります。
お客様の要望に応えることは素敵なことだと思いますが、同時に採算も考えなくてはならないところも経営として難しいところです。
本来コンビニエンスストアって「便利なお店」なわけですから。

<Sponsered Link>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA