コンビニのアルバイトは廃棄の弁当を貰えるか?

つい最近BSフジで「北の国から」が40周年という事で、これまでの放送を全部再放送していました。
私は「北の国から」が大好きで連ドラはあまり詳しくないのですが、84年以降のスペシャル版はこれまでに何度も見ています(家族に呆れられています)。
この「北の国から 2002時代」の中で吉岡秀隆さん演じる純が、内田有紀さん演じる結が働いているコンビニで、賞味期限が切れている弁当を貰う、というシーンがありました。
今でしたらこのようなシーンは問題になったり、議論になったりしかねないのですが、そこは2002年と今から15年も前なので許されるのでしょう。

タイトルの「コンビニバイトは廃棄弁当を貰えるか?」についてですが、
結論から言ってしまうと、廃棄の弁当をお店のアルバイト店員にあげるのはできません。
何故かというと、現物による給与支給に当たるからです(私が税理士事務所の方から聞いた話です)。
店員さんは現金で給料を頂いているのに、廃棄の弁当を持ち帰るのは不正な所得を得ていると、税務署は判断されるのだそうです。
それと倫理的な問題ですが、廃棄弁当の持ち帰りを行っていると、中には感覚がマヒしてしまいお店の物は持ち帰ってもいいや、という心理が働く人がいます。
そこから内引きという内部不正が発生する恐れがあります。
そういった理由から、廃棄弁当を貰うことは禁止、というスタンスをとっているお店がほとんどだと思います。

本部の直営店などでは、廃棄弁当を従業員に「持って帰っていいよ」なんて言うところはまずないでしょう。
では、オーナー店ではどうでしょうか?
オーナーさんが「持って帰っていいよ」と言ったものに関しては従業員さんは貰っても問題ありません。
貰った従業員さんには何の罪もありません。
だからと言っては何ですが、あげないオーナーさんがケチかと言えばそうではありません。
廃棄弁当をあげたオーナーさんは前述のように現物による給与支給を行っていることになり、もし税務署の調査が入り発覚したら、オーナーさんは追加徴税されるでしょう。
私が税理士事務所の方に聞いた話では、税務署はコンビニのゴミ袋の中まで確認して、ちゃんと廃棄弁当を捨てているか確認するそうです。

私が学生の頃は、同級生でもコンビニでアルバイトしている人がいまして、廃棄の弁当をもらって毎日食べて食費を浮かしている、なんて言っていましたが、それも20年近く前の話なのでいろいろと緩かったのでしょう。
確かに廃棄した弁当を捨てるのはもったいないです。
この仕事をしていると、こういったもったいない、という感覚がマヒして廃棄弁当をゴミ袋に詰めるのが一つの作業になってしまいがちです。
だからといって廃棄になった弁当を従業員が勝手に持ち帰ることはできないのです。

日払い可能なコンビニバイト・飲食店バイトはココ

Sponsered Link




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA