ファミマの社員が「週休3日」を選択できる制度を導入

29日の日経新聞に出ていました。

ファミマ、介護など条件に週休3日制導入
全社員5800人が選択可

コンビニ経営をしている立場からの意見ですが、タイトルだけ見ますと、オーナーに対して喧嘩売ってんの??って感じですね。
このニュースを知って反感を覚えたコンビニオーナーや店長の方もいらっしゃったでしょう。
コンビニの多くの店舗は今人手不足で悩んでいると思います。
アルバイトの募集をしてもなかなか集まらない、シフトが埋まらないためにオーナーや店長が必然的に長時間勤務になったり、休みを返上で働かなくてはならない状況になっているお店が多いかと思います。
コンビニというお店自体が24時間365日営業で無休なわけなので仕方ないのですが、それをバックアップする本部は?というと決して24時間営業ではありませんし、365日無休でもありません。
私の知る限りでは、私のチェーンの社員は週休2日で仕事をしています、日曜日は何かない限り、しっかりと休まれておられます。
といってもSV(スーパーバイザー)クラスの話で、その上の方々の勤務状況はどうなのかは分かりません、ただSVに聞いた話では、上司は毎日夜遅くまで勤務で、休みはほとんどなし、だそうです。

日経新聞にでてた上記のニュースですが、よく読みますと、全部の社員が週休3日になるわけではなくて、社員の生活環境によっては週3日の勤務も選択できる、とのようです。
ただしまだ検討段階で正式決定ではないようです。
まぁ、週休3日といっても毎週金土日と休みになるわけではなくて、大抵は休みが週に2日で、月に一週程度3日間の休みがある週がある、といった程度だと思われます。

こうして本部社員の労働環境はよくなるのに、オーナー側の労働環境や経営状況がなかなか良くならない現状は如何なものかな?と思わざるをえません。

日払い可能なコンビニバイト・飲食店バイトはココ

Sponsered Link




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA