セブンイレブンとローソンレジも新しく ファミマもあわせて3社の比較

先日ファミマのレジが新しくなると書きましたが、ファミマだけでなく、ローソンとセブンイレブンのレジも刷新されるようです。

セブン-イレブンが2万店のPOSレジ刷新、操作性とセキュリティを向上

ローソンが1万3000店のPOSレジ刷新、全面タッチ画面で省スペース化

プレス発表では今年の夏頃にファミリーマートが先行して発表があったわけですが、どうやら3社とも同じ時期にPOSレジの刷新を図るようです。
ファミリーマートでは客層ボタンの廃止が注目される点だと思いましたが、セブンイレブンでは今回の刷新でこれが注目だ、といえるような内容は記事からは伺えません。
ただお客様向けには高齢者対応だったり、外国人対応だったり、電子マネー決済のスピード化と機能は進化するようです。
また、ファミマでは廃止の客層ボタンはしっかりと残る模様です。

一方でローソンのレジはガラリと変わるようです。
いわゆるキーボードの部分はなくしてしまって、操作は全てタッチパネルで行うこと、
更に注目すべき点としてスーパーではよくみかける自動つり銭機が導入されることでしょう。
コンビニのレジとしては最もデジタルで最先端を行っていると思います。
最近の私の世代よりも若い方々はPCよりもスマホやタブレットに慣れているみたいなので、慣れ親しみやすいでしょうし、特に新人のスタッフが仕事を早く覚えるのに役立つと思います。
また、つり銭が自動ででてくるのは、レジでのお金の受け取りミスや、つり銭の渡し間違えなどもなくなっていいと思います。
特にレジを精算したり、スタッフの交代時にレジ内の現金があってるかチェックする訳ですが、そこでお金がずれてると店長、スタッフ共々ものすごいストレスになるわけです。
お金がずれてるイコール、レジミスが生じているわけですから(プラスならお金の貰いすぎかつり銭渡し忘れ、マイナスならお金のもらい忘れかお釣りの渡しすぎ)。
それが嫌だったり、悩んだりで辞めてしまうスタッフもいるわけです。
つり銭ミスから解放されることは、かなり気分が楽になると思います。

ただこのローソンレジのデジタル化は個人的によくフリーズしたり、壊れやすくならないのかなって懸念があります。
また自動つり銭も、機械がつり銭をだすのと、人の手で直にお釣りを渡すのではスピードが全然違うので、特に急いでいるお客様には避けられるのではないかと思わなくもありません。

日払い可能なコンビニバイト・飲食店バイトはココ

Sponsered Link




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA