コンビニレジの年齢確認ボタンについて

コンビニでお酒やタバコを買おうとしますと、必ず年齢確認のボタンを押すように店員さんに促されます。
これはレジでお酒かもしくはタバコのバーコードをスキャンすると、レジのお客様側の液晶画面が自動的に切り替わってしまいます。

レジは「年齢確認の必要な商品です」などと勝手に喋ってくれます。
本部からは店員が勝手に押さずに、お客様にご自身でタッチして頂くように案内してください、と指導されています。

日払い可能なコンビニバイト・飲食店バイトはココ

Sponsered Link




この年齢確認のボタンをお客さんが押してくれないと、次の商品をスキャン登録したり、支払いが出来なくなっており、お客さん側にしても、お店にしても非常に面倒な存在になっています。
何が面倒かって言いますと、たまに押すのを拒否したり、難癖をつけてくる人がいるわけです。
50か60くらいのおっさんに多いのですが、「俺が未成年に見えるのか?見りゃわかるだろ」的な事を言われたことは多いです。
こちらもそれは分かりますが、ボタンを押してくれないと次に進めないので、仕方なく丁寧にお願いするわけです。
それでも最近ではどのコンビニでも年齢確認のボタンは導入されてるので、そういった難癖をつける人はほとんどいなくなりました。

他に実際にみえたお客様で、この年齢確認のボタンを何人も触ってるから自分は触りたくない(だから代わりにあんたがタッチしてくれ)等と言ってくる人もいます。
これは潔癖なのか単なるワガママなのか…。
まぁこの程度の潔癖だったら恐らく外食や買い物したり、電車やバスに乗ったりなど出来ないでしょうから(それ以前に田舎で完全な車社会なので電車やバスの需要は相当低いですが)、単なるワガママで偏屈なオヤジなんでしょう。

こちらも本当は分かってるんです、「あきらかに未成年ではないお客さんに対して何でこんなちょっと間違えればトラブルになりかねない事をしないといけないの」って。
ですが、レジが年齢確認のボタンを押さないと次に進めない仕様になっているので、押して頂くしかないのです。
またこちらから手を伸ばして勝手にボタンを押しようものなら、本部にそれがバレてしまった場合、「そういう事は辞めてください、ちゃんとお客様に案内してください」とねちねちと指導されるのが分かりきってるので。

あと、外国人のお客様の反応はホント温かいです。
「年齢確認のボタンのタッチをお願いします。」と言っても通じないですから。
英語なんて喋れないので画面を指差して「touch please」などと言うわけです。
大抵の人は一瞬ポカーンとしてますが、レジ画面は親切にも英語や中国語でも書かれているので理解はして頂けます。
理解したらほとんどの人は笑っていただけます、多分「私そんなに若く見えるのね」とか、「日本のコンビニ面白いね」などと言っているのだと思います。

日払い可能なコンビニバイト・飲食店バイトはココ

Sponsered Link




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA