ファミマがTポイントから撤退する?? 

ファミリーマートが独自のポイントカードの導入を検討しているみたいです。

伊藤忠、ファミマで使える新ポイント制度検討 社長言及

コンビニのポイントカードといえば、セブンのnanaco、ファミマのTポイントカード、ローソンのpontaというのがここ数年で完全に定着しています。
それをあえてファミマさんはTポイントカードを離脱して、独自のポイントカードを作る構想があるみたいです。

もう10年以上も前ですが、元々Tポイントカードはファミマではなくてローソンが提携してました。
昔はローソンで買い物をする度に、レジで「ローソンパスかツタヤのカードをお持ちですが?」なんて聞かれてました。
それがローソンがTポイントを解消したと思ったら、いつしかファミマがTポイントを扱うようになり、今では「ファミマ=Tポイント」という図式が完全に定着したと思います。
それを今更解消するのは、現場ではかなりの混乱が生じるでしょう。
お客さんの中にはTポイントが溜まるからファミマで買い物をする、という方はかなりみえると思います。
そもそもTポイントはかなり提携企業が多くて、ポイントカードとしては最強の部類に入るカードです。
集客面を考えるとリスクが大きいのではないかと思います。
お客さんもファミマでTポイントカードが使えないとなったら、かなり困惑される方も見えるでしょう。
あとは、サークルKからファミマに変わったお店も大変です。
サークルK時代は楽天のRポイントカードだったのに、ファミマに看板替えしてTポイントカードになったと思った矢先にTポイントからの撤退では、そのお店の常連でカードを作っていたお客様はかなり困惑されるでしょう。

日払い可能なコンビニバイト・飲食店バイトはココ

Sponsered Link




こんなように現場の混乱は予想されるのですが、ファミマ本部のお偉い人や、ファミマ株主の伊藤忠商事は、現場の混乱のことなど考えているのかいないのかは分かりませんが、自らの利益の為に「Tポイントからの離脱⇒独自ポイントカードの導入」を考えているみたいです。
記事では、「ATMもポイントも(利益の)流出がすごい。我々が提供したものは我々が利益を受け取るようにする」などと書かれています。
利益の流出とは、Tポイントの親会社に払う提携料だったり、ファミマで貯めたポイントが他の提携先の企業で使われる、という事だと思うのですが、Tポイントのように提携先が多いポイントカードなら致し方ないような気がしますが、逆に提携先が多いからこそ集客が図れるメリットも多いと思います。
では、ファミリーマートが独自のポイントカードを作って、恐らくはアピタやユニーとファミリーマートがメインとなった電子マネー型のカード(つまりはnanacoのようなイメージ?)でどこまで集客を図れるか?どれだけの企業と提携できるかが肝になるのではないかと思います。

現場としてはお客様を再度、新ポイントカードに勧誘する手間が生じるわけで、あまり歓迎されないような気がします。