ファミマの社員が「週休3日」を選択できる制度を導入

29日の日経新聞に出ていました。

ファミマ、介護など条件に週休3日制導入
全社員5800人が選択可

コンビニ経営をしている立場からの意見ですが、タイトルだけ見ますと、オーナーに対して喧嘩売ってんの??って感じですね。
このニュースを知って反感を覚えたコンビニオーナーや店長の方もいらっしゃったでしょう。
コンビニの多くの店舗は今人手不足で悩んでいると思います。
アルバイトの募集をしてもなかなか集まらない、シフトが埋まらないためにオーナーや店長が必然的に長時間勤務になったり、休みを返上で働かなくてはならない状況になっているお店が多いかと思います。
コンビニというお店自体が24時間365日営業で無休なわけなので仕方ないのですが、それをバックアップする本部は?というと決して24時間営業ではありませんし、365日無休でもありません。
私の知る限りでは、私のチェーンの社員は週休2日で仕事をしています、日曜日は何かない限り、しっかりと休まれておられます。
といってもSV(スーパーバイザー)クラスの話で、その上の方々の勤務状況はどうなのかは分かりません、ただSVに聞いた話では、上司は毎日夜遅くまで勤務で、休みはほとんどなし、だそうです。

日経新聞にでてた上記のニュースですが、よく読みますと、全部の社員が週休3日になるわけではなくて、社員の生活環境によっては週3日の勤務も選択できる、とのようです。
ただしまだ検討段階で正式決定ではないようです。
まぁ、週休3日といっても毎週金土日と休みになるわけではなくて、大抵は休みが週に2日で、月に一週程度3日間の休みがある週がある、といった程度だと思われます。

こうして本部社員の労働環境はよくなるのに、オーナー側の労働環境や経営状況がなかなか良くならない現状は如何なものかな?と思わざるをえません。

日払い可能なコンビニバイト・飲食店バイトはココ

Sponsered Link




カップヌードル抹茶仕立てのシーフード

最近発売された日清食品の「抹茶仕立てのシーフードヌードル」を食べてみました。

DSC_0013

蓋をあけると粉末スープが緑色です。
麺も緑がかっています。
具は普通のシーフードヌードルと同じ内容です。

お湯を入れて待つ事3分、食べてみました。

香りはほのかに抹茶でしょうか?
スープは微妙に抹茶味もしないわけではありませんが、どっちかというとシーフードヌードルのスープ味が強いです。
緑色の麺は、昔京都で食べた茶そばを思い出しましたが、茶そばみたいな上品な味なわけではなく、カップヌードルの麺、といった味でした。
何よりカップヌードルとしては、色が強烈な印象です。
でも普通に美味しかったと思います。
限定販売なので、カップラーメンが好きな人やシーフードヌードルが好きな人には一度はオススメだと思います。
ネタにもなるでしょうし。
ただ、普通さいずのカップヌードルなので、男性が食べるにはボリュームが絶対的に足りないでしょう。

当店の販売実績ですが、出た当初の5日くらいは毎日販売がありましたが、最近は最初の勢いはなく、売れ行きが微妙です。
当店ではカップラーメンを頻繁に買って行かれるのが若い男性なので、ボリューム的に仕方ないかもしれません。
ビッグサイズならもう少し販売が伸びるかも?と思います。
男性はどちらかというと大きいサイズのカップラーメンを買っていきますから。

カメラのキタムラが大量閉店

コンビニとは直接関係のないことですが。

カメラのキタムラが22店閉店するみたいです。
何故この話題に触れるかと言いますと、私は昔カメラのキタムラの店舗でアルバイトをしていたことがあったからです。
せいぜい半年くらいだったので、写真のプリントとかはやらせてもらえなかったのですが、主に現像の受付や、デジカメを買いに来られた方の接客などを担当させて貰いました。
当時はまだフィルムカメラが生き残ってまして、デジタルカメラの画素数も400くらいが主流だったと記憶してます。
600万画素があれば、高画質な時代でした。
仕事は今にして思うと、コンビニの方がはるかにハードでやることがいっぱいある、といった感じです。
お客さんの数も全く違うので。
ただキタムラさんはコンビニに比べて客数が少なくても、客単価600円から700円くらいのコンビニとは違って、カメラを売るので単価の桁が違いますし、写真プリントも原価は低いでしょう。
私もアルバイトしていた時は、うちは写真プリントで稼いでいる、多くプリントを承ってなんぼだと店長さんから聞いていました。
逆にデジカメは、当時は価格.comなどのサイトを見て少しでも値切ってくるお客さんが多く見えて、できるだけ安く売らなくてはならない、というようなことも聞いてました。

さて、今回閉店する店舗のリストに、私がアルバイトしていたお店は入ってなくて、ひとまず安心です。
私の自宅の近くにもカメラのキタムラがあるのですが、そこも閉店にならずに済むようです。

今の時代カメラがなくても、スマホやタブレットで写真が撮れて、自宅のプリンターで写真を簡単に印刷することができるので、写真屋さんの需要は昔ほどないのは致し方ないのかもしれません。

ベビースターラーメン

少し古い記事ですが…

ベビースターのキャラクターが引退へ 「ベイちゃん」と「ビーちゃん」30年間に感謝
http://news.livedoor.com/article/detail/12407788/

ベビースターラーメンは、私が生まれた頃にはなかったみたいですが、子供の頃からあるお菓子で、お手軽に買えるのでよく食べてました。
私の子供もベビースターラーメンが好きです。

うちのコンビニでも、子供から大人までよく買っていかれます。

ベビースターラーメンのサイズもいろいろあって、駄菓子用の小さいサイズから、ポテトチップスの袋タイプまであり、お菓子自体も麺が細かいタイプのものから、太麺タイプのものまであります。

味も醤油味だけでなく、塩味だったりいろいろとあります。

私個人としてはオーソドックスな、細かい麺のタイプが好きです。

 

今回はベビースターラーメン自体がなくなるのではないのでひとまず安心です。
それにしても「ベイちゃん」と「ビーちゃん」という名前が付いていたことを初めて知ったのは私だけではないでしょう…。
ただ、あの男の子と女の子のイラストがあってこそベビースターラーメンだと思うので、なんだか残念です。

で、今は新しいキャラクターのデザインが発表されたみたいです。

https://www.oyatsu.co.jp/naming/

ネーミングを募集しているみたいですね。

今後の展開が楽しみですね。