外国人旅行客の増加とコンビニ

昨年、日本を訪れた外国人の観光客は2000万人を越えて過去最多だったみたいですね。
私の住む地域も観光地として一応名を馳せているので、街中では外国人をたくさん見ます。
あくまで私が感じる傾向として、普段の平日の観光客の半数以上は外国人ではないか?というくらい外国人で溢れてます。
ただ休日や、GW、お盆や春休みなどの行楽シーズンになると日本人観光客の割合が一気に高くなるように思えます。

私の経営するコンビニは観光地のど真ん中にあるわけではないのですが、最近は毎日外国人旅行客のお客様がみえます。
外国人が来ない日はない、といってもいいでしょう。
(まぁ近所に住んでいる外国人の方何人か知っていますが、その人達以外で、です)
3~4年前も外国人のお客様は結構みえてたように思うのですが、さすがに毎日来店があるわけではなかったです。
以前は観光バスが止まって多くの外国人がバスから降りてきて来店、というパターンが結構あったのですが、最近はバスが止まって外国人、というのはめっきり減りました。
うちの従業員からすると、このバスが止まって外国人、というのはある意味恐怖だったと思います。
何を言っているか分からないし、日本語が通じないし、向こうは集団なので。
お店にとっては売上的にはいいお客様です。
最近多いのは、レンタカーで外国人一家やカップルでの来店が多いように思います。
異国の地でレンタカーを借りて旅行、何てことは私には恐ろしくて考えられないのですが(海外旅行なんてしたことがないので)、それほど今の日本は安全な国なのでしょう。

外国人旅行客の相手に接客もいろいろと大変ですが、お店にとってはいいことが多いので、インバウンド景気が今後も伸びる事を期待します。