ベビースターラーメン

少し古い記事ですが…

ベビースターのキャラクターが引退へ 「ベイちゃん」と「ビーちゃん」30年間に感謝
http://news.livedoor.com/article/detail/12407788/

ベビースターラーメンは、私が生まれた頃にはなかったみたいですが、子供の頃からあるお菓子で、お手軽に買えるのでよく食べてました。
私の子供もベビースターラーメンが好きです。

うちのコンビニでも、子供から大人までよく買っていかれます。

ベビースターラーメンのサイズもいろいろあって、駄菓子用の小さいサイズから、ポテトチップスの袋タイプまであり、お菓子自体も麺が細かいタイプのものから、太麺タイプのものまであります。

味も醤油味だけでなく、塩味だったりいろいろとあります。

私個人としてはオーソドックスな、細かい麺のタイプが好きです。

 

今回はベビースターラーメン自体がなくなるのではないのでひとまず安心です。
それにしても「ベイちゃん」と「ビーちゃん」という名前が付いていたことを初めて知ったのは私だけではないでしょう…。
ただ、あの男の子と女の子のイラストがあってこそベビースターラーメンだと思うので、なんだか残念です。

で、今は新しいキャラクターのデザインが発表されたみたいです。

https://www.oyatsu.co.jp/naming/

ネーミングを募集しているみたいですね。

今後の展開が楽しみですね。

 

 

コンビニの正月

お正月の営業は当然の事ながら、いつもの平日より客数は少ない。
だからといって暇なのか、と言えばそうではないです。
正確にいえば、時間帯によって忙しい時間帯もあれば、全くお客さんがいない時間もある。
お店の立地にもよるだろうけど、大きな神社がすぐ側にあれば、日中は常にお客さんがいるだろうし、オフィス街にあるコンビニは、閉店間際かと思われるくらいガランと閑散するのではないでしょうか?

うちのコンビニでは朝が一番忙しいのに、正月になると朝は暇で、逆に普段は日中はそれほど忙しくないのに、日中にお客さんが多かったりします。
お客さんの行動をみていると、買い物かごにポンポンと一杯つめてレジに来られる方が多いです。
お酒だったり、お菓子だったり、デザートだったりで、一人辺りの単価が普段より断然高い。
こういった沢山買ってくれるお客さんはとても大事なのです。
なので、正月は客数が少ないからといってバカにはならないのです。
1日の売上自体は普段より高くなります。

お正月は何がよく普段より売れるのか?
私が感じる限りでは、デザート類や大きい袋のお菓子、大きいサイズのペットボトル、お酒、年賀状、あとはPOSAカードと呼ばれる、GoogleカードやiTunesカードなどのプリペイドカードのしかも高額なものがよく出たりします。

ただし売上がいいのは元旦だけで、2日から初売りの始まるスーパーがほとんどなので、売上的には2日からは落ちつく感じです。