プレミアムフライデーについて

今年から月の最後の金曜日は15時で仕事を切り上げて、余暇を満喫しよう、といういわゆるプレミアムフライデーという取り組みが経団連や経済産業
省主導で行われるようです。
決算などの関係で毎月ではないみたいですが。

余談ですが、私が子どもの頃のバブルの時代には、経済界主体の取り組みがあったかは知りませんが、金曜日の夜は花金(花の金曜日)などと言われていました。
ハナキンデータランドなんていう、ランキングのテレビ番組が金曜日のドラえもんの後くらいに放送されてて、見てた記憶があります。

このプレミアムフライデーに便乗して、ファミリーマートでは、おでんやお惣菜のセールなども行っているようです。

では、このプレミアムフライデーですが、今日の夕方以降に本当に多くの人が多い仕事を切り上げて贅沢な消費をするのでしょうか?
大企業や公務員だけで、中小企業には関係ないなんて声も聞こえてきます。
特に私の住む地域は田舎なので、あまり関係のないことだと思われます。
うちのコンビニもプレミアムフライデーだからといって、いつもより忙しくなればいいのですが、多分いつもと変わらないでしょう。
そもそも、金曜日、特に月末の金曜日は普通どの企業も仕事が多く、忙しくて早く仕事を切り上げることは難しいのではないのでしょうか?

個人的に思う事ですが、ちょっと迷惑な取り組みになりかねないよいな気がします。
もし私が公務員か会社勤めをしていたら、逆に歓迎しているかもしれませんが。

今日の夕方以降少しでも売上が伸びる事を期待してます。