Amazonとクロネコヤマト

クロネコヤマトのヤマト運輸がドライバーの長時間労働や人手不足などから、荷物の扱い量を減らすように労働組合が求めているようです。
背景にはAmazonの配送サービスが大きく関与してるみたいです。
Amazonは以前は佐配送に川急便と提携していたみたいですが、数年前にヤマト運輸に変更したみたいです。

今週のテレビ東京系「ガイアの夜明け」でも、運送会社のドライバーさんが取り上げられてましたし、その中で元ヤマト運輸のドライバーさんが会社相手に訴えてるのも見ました。
やはりAmazonの扱いが始まってから仕事が激増して耐えられなくなって辞められたみたいです。

ネットでの買い物は便利な反面、その代償を運送会社のドライバーさんが払っているのでしょう。
特にAmazonは私も以前はたまに利用してましたが、荷物の大半は配送量無料だったり、翌日配送などのサービスがあります。
運送会社に対しても、取引量の多さを盾に強気に出ているのではないか?と思います。

コンビニでもネットで購入した荷物を店頭で受け取れるサービスを行っています。
自宅でなかなか受け取れない人には都合がサービスだと思います。
主にAmazonや楽天などですが、特にAmazonは以前は一日に一回しか納品がなかったのですが、今は朝昼夕方とドライバーさんが荷物を持ってきます。
以前はなかった時間指定のサービスが始まったのでしょう。
ドライバーさんはやはりヤマト運輸です。
ただ、夕方に店にきた荷物をお客様が1時間以内に取りに来るか?というと、すぐに取りにみえるお客様は滅多にいません。
ひどい時は2~3日後に取りにみえたり、更に酷い時は店にきた荷物を1週間たっても取りにみえず、そのまま返品、という事もあります。
コンビニの受け取り時間の指定までのサービスは必要なかな?と思います。

以前に比べると、お店に納品されるAmazonの荷物の量は確実に増えています。
お店としては、店頭受け取りの荷物があるだけで微々たるものですが、手数料が入ります。
とはいっても、レジでのオペレーションは結構時間を取られるものなので、荷物が増えるのが歓迎か?といえばそうではないです。

荷物を自宅で受け取る人よりも、コンビニまで受け取りに行く人が増えれば、運送会社のドライバーさんの負担も減るでしょうが、コンビニ側としてもあまり荷物が増えてもなぁ…という風に思います。
保管スペースもいっぱいいっぱいだし、ただでさえ扱いサービスが多く大変です。

最近は過剰なサービスを追及しすぎではないでしょうか?
少しくらい不便な位でも人はそれに合わせて生活できると思います。