コンビニのサービスは過剰?

大分以前ですが、アルバイトの採用をしようと面接した時に、志望理由として、コンビニのサービス精神がすごから学びたいと言ってきた若い男性がいました。
コンビニの業態というのは小売業だと私は思うのですが、人によっとはサービス業だと言う人もいます。
それくらい今のコンビニは物を売る、という事だけでなく、多くのサービスを提供しているのでしょう。

コンビニのサービスとして、私がコンビニの仕事に関わり始めた頃は、公共料金や通販の支払い代行(収納代行)や、宅配便なんかがメインでした。
今も需要は伸びているでしょう。
今はなくなったのですが、フィルムを店頭で預かり、写真を現像する事サービスもありました。
もちろん店内で現像するのではなく、専用のラボに送って2日か3日ほどで戻ってくる、といったものでした。
近いものとして、今もあるのは年賀状のプリントサービスでしょうか?
こちらは自分でパソコンで作る人も増えているので年々需要は減っています。

話は逸れましたが、冒頭で紹介した彼が言いたかったのは、そういう物理的なサービスではないです。
サービス精神、という事で、コンビニがお客様に提供していることは、
例えばトイレを無料で貸し出したり、カップラーメンやスープを買われた方にお湯を提供したり、コピーやファックスの機械が使えない方に(主にお年寄りですが)、一緒にやってあげる、といった事でしょうか?
コンビニは街のセーフティステーションや子ども110番の家として行政や学校からも求めれています。

ただ、最近はこういったサービスが当たり前になり、コンビニは何でもしてくれる所だ、と勘違いしているお客様もみえます。
特にお年寄りに多いです。
うちは困ったお客様に対してできる限りのサービスをする、と考えのお店もあるでしょう、素晴らしい事だと思います。
ただ、コンビニは本来は商品を売る場であり、サービスを追及しすぎるのもどうかな?と思います。
日本人は「お客様は神様だ」という美徳感が強いのも根底にあるのでしょう。

セブンイレブンアルバイト店員の欠勤ペナルティに関して

少し前に東京都武蔵野市のセブンイレブンの加盟店が、欠勤した女子高生のアルバイトに対して、欠勤した分のアルバイト代約9000円強を罰金として徴収していた事がニュースで報道され話題になりました。
これを知った私の最初の感想は、罰金はいくら何でもダメだろ、といったものでした。
ただこのオーナーさんの気持ちは分からないでもないです。
急にアルバイトが休んでシフトに穴があけば、一緒に入る他のスタッフさんにも迷惑が及びますし、自身も仕事や予定にしわ寄せがくるでしょう。
それが一度ではないとしたら腹が立つのはわかります。
私もコンビニを一応経営している立場なので、こういった場面には何度も遭遇してきました。
それに高校生や大学生の学生アルバイトは皆が皆そうではないのですが、基本的に部活道の延長のような感覚できてる人が多いので、自分が急に休む事によってお店に迷惑がかかる事を全く考えない子が多いです。
それ以前に高校生はテストやら部活やら検定やらで忙しいのは承知してるので、私もよほど人手不足でなければ採用しませんが。

私の場合は、採用したら最初にアルバイトでも働く以上は自分の事だけでなくて、お店や一緒に働く仲間のことも考えてね、といった旨のことは話します。
さすがにシフトに穴をあけたら罰金とるぞ、とまでは言えませんが。
それでもちゃんとこちらの意図を理解してくれる人もいれば、適当に聞き流す人もいます。
後者の人は採用しても長続きしない事がほとんどですね。

こういった欠勤ペナルティや、食品の廃棄ロスや、恵方巻きやクリスマスケーキの予約獲得のノルマが最近話題になってますが、コンビニにとって決していい話題ではないです。
こんな負の部分ばかりが話題になると、コンビニはブラックアルバイトだと認識されてしまいます。
たださえ最近は人手不足で、募集してもスタッフが集まりにくい状況です。
ほとんどのコンビニのオーナーさんは、欠勤ペナルティやきついノルマをスタッフさんに課す事とは無縁だと信じたいですし、こういった事ばかり話題になり、真面目なオーナーさんに対して失礼ではないかと思います。

カップヌードル抹茶仕立てのシーフード

最近発売された日清食品の「抹茶仕立てのシーフードヌードル」を食べてみました。

DSC_0013

蓋をあけると粉末スープが緑色です。
麺も緑がかっています。
具は普通のシーフードヌードルと同じ内容です。

お湯を入れて待つ事3分、食べてみました。

香りはほのかに抹茶でしょうか?
スープは微妙に抹茶味もしないわけではありませんが、どっちかというとシーフードヌードルのスープ味が強いです。
緑色の麺は、昔京都で食べた茶そばを思い出しましたが、茶そばみたいな上品な味なわけではなく、カップヌードルの麺、といった味でした。
何よりカップヌードルとしては、色が強烈な印象です。
でも普通に美味しかったと思います。
限定販売なので、カップラーメンが好きな人やシーフードヌードルが好きな人には一度はオススメだと思います。
ネタにもなるでしょうし。
ただ、普通さいずのカップヌードルなので、男性が食べるにはボリュームが絶対的に足りないでしょう。

当店の販売実績ですが、出た当初の5日くらいは毎日販売がありましたが、最近は最初の勢いはなく、売れ行きが微妙です。
当店ではカップラーメンを頻繁に買って行かれるのが若い男性なので、ボリューム的に仕方ないかもしれません。
ビッグサイズならもう少し販売が伸びるかも?と思います。
男性はどちらかというと大きいサイズのカップラーメンを買っていきますから。

カメラのキタムラが大量閉店

コンビニとは直接関係のないことですが。

カメラのキタムラが22店閉店するみたいです。
何故この話題に触れるかと言いますと、私は昔カメラのキタムラの店舗でアルバイトをしていたことがあったからです。
せいぜい半年くらいだったので、写真のプリントとかはやらせてもらえなかったのですが、主に現像の受付や、デジカメを買いに来られた方の接客などを担当させて貰いました。
当時はまだフィルムカメラが生き残ってまして、デジタルカメラの画素数も400くらいが主流だったと記憶してます。
600万画素があれば、高画質な時代でした。
仕事は今にして思うと、コンビニの方がはるかにハードでやることがいっぱいある、といった感じです。
お客さんの数も全く違うので。
ただキタムラさんはコンビニに比べて客数が少なくても、客単価600円から700円くらいのコンビニとは違って、カメラを売るので単価の桁が違いますし、写真プリントも原価は低いでしょう。
私もアルバイトしていた時は、うちは写真プリントで稼いでいる、多くプリントを承ってなんぼだと店長さんから聞いていました。
逆にデジカメは、当時は価格.comなどのサイトを見て少しでも値切ってくるお客さんが多く見えて、できるだけ安く売らなくてはならない、というようなことも聞いてました。

さて、今回閉店する店舗のリストに、私がアルバイトしていたお店は入ってなくて、ひとまず安心です。
私の自宅の近くにもカメラのキタムラがあるのですが、そこも閉店にならずに済むようです。

今の時代カメラがなくても、スマホやタブレットで写真が撮れて、自宅のプリンターで写真を簡単に印刷することができるので、写真屋さんの需要は昔ほどないのは致し方ないのかもしれません。

節分の恵方巻きとノルマ

2月3日は節分ですが、節分といえば私の子どもの頃は豆まきをして鬼退治をして福を呼び込む日、という認識が強いです。
近年では巻き寿司を食べる日、としてすっかり定着した感があります。
この巻き寿司を節分に食べるのは元々は関西の一部の地区の風習だったみたいですね。
しかも食べ方があって、その年の恵方(今年なら北北西)を向いて、巻き寿司を切らずにかぶりつく、食べている間は一切喋らない。
関西地方の風習なので、私が子どもの頃はそんな事知らなかったし、流行りもしなかったと思います。

さて、この恵方巻きですが、元々は恵方巻きという言葉は文献にもなく、wikipediaによると、1998年頃にセブンイレブンが勝手に名付けて、全国へ流行らせたようです。
私のコンビニチェーンでも数年前までは、この巻き寿司を丸かぶり寿司として売っていたのに、ある年に突然、セブンイレブンに合わせるように恵方巻きと名前を変えました。
このネーミングからして胡散臭さ満載に感じるのは私だけでないでしょう。

この恵方巻きですが、昨年あたりからネット上で売れ残って大量に廃棄ロスになった商品の写真がアップされたり(恐らく大量廃棄を目の当たりにした従業員が惨状を知ってもらいたくてやったのでしょう)、
予約獲得のノルマが酷い、ノルマ達成できないて買わされるというような書き込みが話題になったりしてます。
クリスマスケーキもそうなんですが、恐らくはコンビニ本部から社員に販売ノルマが課されて、社員(SV)から担当のお店へ販売目標という名のノルマが課されて、お店のオーナーによっては従業員にノルマを課す、ノルマを達成できなかったらか、仕方ないので自分で購入する(いわゆる自爆買い)というような流れだと思われます。
この自爆営業はお店のパートさんもそうなんですが、お店のオーナーも本部のSVも当たり前のように行っています。

こうした状況に、最近の本部は敏感になっているのかは分かりませんが、今年はSVから恵方巻きの販売目標の話はほとんどありませんでしたし、お店に置いて当日売る分に関しても売れ残っても仕方ないので、売れる分だけいれてください、と言われています。
以前は大量にとってお店の入り口前にテントを張って寒い中外で販売、ということもやりました。

まともな神経を持ち合わせた人間なら、恵方巻きが売れ残ったからといって大量に廃棄するのは嫌だし、かといって売れ残った分を自分で買い取るのも違うと思います。

コンビニにおけるこういった習慣はなくなってほしいと思います。