ネットショッピングのコンビニ店頭受け取り

クロネコヤマトのヤマト運輸がAmazonの取扱量の増加により疲弊している、という事は以前の記事でも書きました。
そのヤマト運輸ですが、12時から14時の時間受け取りサービスを廃止するとか、自宅不在時の再配達を有料化するとか、今後の対応やドライバーさんの待遇の改善を考えて見えるみたいです。

確かに自宅に荷物を届けに行っても不在でした、また届けに行かなくてはいけません、の繰り返しではドライバーさんもやるせないでしょうし、仕事に対するモチベーションも低下してしまうでしょう。
白状しますが、私も以前何度もAmazonで注文した荷物が自宅に配送されたときに家にいなくて、不在票が入っていたことが何度もあったので、運送会社のドライバーさんには悪いことをしたなと今となっては思うわけです。
ただ、当時はそんな罪悪感や、申し訳なさなど全くなくて、「また届けてもらえばいいや」程度にしか考えていませんでした。
大半の人がこのような考えではないでしょうか?
だからヤマト運輸としては「再配達を有料化」まで考えているのだと思うのです。

<Sponsered Link>



そこで有効なのがコンビニの店頭受け取りではないでしょうか?
Amazonや楽天はファミリーマートやローソンなどで店頭受け取りサービスを行っています。
コンビニ受け取りにすれば、家に不在の時に荷物が届けられることがなく、取りに行けるときに取りに行けます。
お客さんにとっては利便が増しますし、運送会社のドライバーさんにとっても負担はかなり減るでしょう。
問題は受け取るお客さんが、近くに該当のコンビニがない場合がある、といったことでしょうか?
いくらコンビニがたくさん増えたとはいえ、近所にローソンがない、ファミマがない、といった人は地方にはまだまだいるしょう。

あとはコンビニを経営している側から言わせて頂けば、店頭受け取りがあるだけで取り扱い手数料が微々たるものではありますが入りますので、それはそれで喜ばしいです。
ですが、あまりに荷物が増えすぎると、コンビニの事務所やバックヤードが倉庫代わりになりかねません。
ただでさえコンビニは小さいお店なので、事務所もバックヤードも狭いのです。
それと、現状ですが、こういったネットショッピングの荷物受け取りサービスのレジオペレーションは結構時間を取られます。
お客様はまずLoppiやFamiポートなどの端末で番号を入力する必要がありますし、不慣れな方だとどうしても店員に聞かないと分からないので、お店としても余分な仕事が増えてしまいます。
また以前外食チェーンで問題視された従業員のワンオペ(一人体制)時にはレジで時間が取られてしまうので、他のお客様が結構並んでしまうことがよくあります。
(だったらワンオペ辞めろよ、と思う方もいると思いますが、今回はそれには触れません)
そう考えると、歓迎すべきなのか、そうでないかは悩みますが、コンビニ本部にはこの店頭受け取りのオペレーションをもっとスピーディーに簡単に済ませるように変えてほしいと願うばかりです。