好調な時と不調な時

コンビニの売り上げにおいて、好調か不調かどう判断するかというと、前年の同時期と比べる方法がよく取られます。
前年の同月に対して今月は売り上げや客数が100%を超えているか、超えていないかで判断します。
100%超えなら好調でしょうし、逆に100%を割るようなら前年よりも業績が悪化している、ということになります。
ちなみに私のお店は今年の1月と2月は100%を超えました、
が、今月は今のところちょっと厳しい状態が続いています。

商売には波があるのはつきもので、常に売り上げプラスが続くことはなかなかないことでしょう。
なぜならお店の周辺の商圏人口や競合店の状況は毎年毎年変わっていくものでしょうし、今の時代こういった外的要因はお店にとって良くなることよりも悪くなることの方が多いように思います。
ただ、厳しい商圏環境でも概ね好調を維持しているお店は結構存在してまして、そういったお店は気持ちのいい接客をしていたり、売り場が整然としていたり、清掃が行き届いていたり、商品量が多かったりといわゆるQSCレベルが高かったりします。
逆に接客レベルが低かったり、売り場がごちゃごちゃしてたり、汚かったり、棚に商品が少なくてスカスカしているお店は、やはり売り上げを落としていたりしています。

今月は出だしはあまり良くないものでしたが、これから暖かくなったり、春の行楽期に入りますので、出だしの不調を取り戻すくらいお客さんがふえてくれたらな~と願っています。

コンビニ店長は休みが取れるか?

世間一般でのコンビニの店長やオーナーのイメージというと、24時間営業で大変そう、とか、休みがなさそうで大変だね、といったよくない印象が多いようです。
では実際にはどうなのか?
私の知る限り人により、です。
本当に休みなく毎日毎日10時間以上お店にいるオーナーさんもいます。
毎日毎日10時間以上でなくても、ほとんどのコンビニオーナーさんは年間でほぼ休みなくお店にいるのではないのでしょうか?
ですが、中には週2日しっかり休みを取られている方もいますし、店長を雇ってお店にはほとんど来ないオーナーさんもいます。
私はコンビニの店長を始めた頃はオーナー店の店長として雇われたのですが、そこのオーナーさんはほとんどお店に顔をださない方でした。

どうすれば休みを取れるのか?
一つは、従業員をしっかりと育てて、自分がいなくてもある程度お店を回せる状態にしておくことです。
従業員を育てることはコンビニに限らず、どこの職場でも同じでしょうが、特にコンビニの場合は社員ではなくてパートさんやアルバイトさんをメインに雇わなくてはならないので、その人たちをいかに戦力化するかが大事です。
私もあまり人の事は言えないのですが、店長やオーナーは自分で何でもやろうとしまいがちで、パートさんは基本的な業務(例えばレジ接客とか清掃、品出し)をこなす以上のことまで教わってない場合が多いです。
発注業務だったり、精算業務だったり、もうワンランク上の業務を任せられる人がいれば、自分が出なくてもお店を回せることはできるでしょう。

もう一つは、自分が休むことにより経費(人件費)は膨らみますので、それでもよいか判断できる事です。
例えば自分+パートさん1人の計2人でシフトをやりくりしている場合、自分が休む時には1人分の人件費が余計にかかります。
自分が10時間入っていたら、例えば時給800円だとして一日当たり8000円の人件費が増加します。
人件費が増えれば、その分の利益は減ります。
毎月利益が十分にでているお店は毎週この8000円の負担があっても大して痛くないのですが、売り上げがあまりよくないお店は利益も当然低いので、そこをどう判断するか?です。
雇われ店長さんは、完全な歩合制で雇われてない限り、月給は変わらないので、ある程度の利益を残せれば休みを取れるような体制を築くべきでしょう。
ただ、私もですが経営者であるオーナーが店長をしている場合、自分が頑張れば手取りも増えることになりますので、凄い儲かってるお店ではない限り、休まずに頑張ってしまいがちです。

最近は特に労働者の労働時間や残業時間について世間的に注目されていますが、大半のコンビニオーナーや店長からしたら、何の話だ!?と言った感じではないでしょうか?
ただ我々も人間なので、経営者とはいえあまりに長時間労働したり、休みがなかったりすると壊れてしまいます。
体も壊しがちですし(私は腰が弱い)、精神的にも壊れてきます。
その辺を考えて、オーナーさんはシフトのやりくりと自分の休みをうまく調節する事も大切でしょう。

<Sponsered Link>



サークルKがファミマ化

昨年の9月にファミリーマートと合併したサークルKですが、もう半年経ちます。
看板を完全にファミリーマートにするのは少しずつ進んでいるようですが、半年たった段階で商品は完全にファミリーマートの物に切り替わったようです。
建物はサークルKでも、中に入れば完全にファミリーマートですね。
ファミチキも、無印良品も、ファミリーマートコレクションもあります。

一応世間向けには「対等」な合併とは言えないまでも、会社名をサークルKの株主だったユニーの名前を残して「ユニー・ファミリーマートホールディングス」としたので、ある程度サークルK側への配慮はあるのかな?と思っていたのですが、サークルKのオリジナル商品で残ったのは、「濃厚焼きチーズタルト」のみだそうです。
そうです、サークルKで残ったのは、「濃厚焼きチーズタルト」のみです!
焼き鳥もありませんし、チビ太のおでん(古いか?)もありませんし、デザートブランド「シェリエ・ドルチェ」もありません。
ユニーのPB(プライベート・ブランド)「Style One」はまだあるのかな?
私自身が最近サークルKに行ってないので、どこまでファミマ化したか目で見てませんが、あとは看板をファミリーマートに変えて、ファミリーマートの制服を着て、楽天カードではなくTカードを会員カードにすればサークルKの吸収は完了!といったところでしょうか?

全国的に見れば、ファミリーマートの方がサークルKサンクスよりもブランド力が強いのでしょう。
ただ私の住む中部地方、特に名古屋の周辺はコンビニと言えば元々はサークルKが地場なわけで、「東海地方のコンビニ=サークルK」という図式が成り立っています。
ファミリーマートよりもサークルKの方が高いブランド力を誇っていると思います。
このままサークルKがなくなってしまえば、名古屋周辺のコンビニNo1はファミリーマートになるのか?といえばそうとも言えないと思います。
最近は相当数セブンイレブンが店舗を増やしてきています。
ファミリーマートのこのやり方(サークルKの独自商品をほぼなくすやり方)は名古屋周辺の人には受け入れがたいでしょうし、一時的には店舗数が愛知県でトップになったとしても、維持できるのかは不透明です。

現段階でファミリーマートに看板替えしたサークルKは全体の1割強らしいですが、今後の動きが気になりますね。
全店は無理にしても、9割が予定の期日までに看板替えができるのか?そこが個人的にはこの合併の成否かな?と思ってます。
やはりサークルKのオーナーさんをどれだけ看板替えに賛同してもらえるか?
大きいコンビニ通しの合併は商品など物理的な面では時間をかけてできても、経営者の心までは簡単には説得できないと思います。

参考記事

<Sponsered Link>



セーブオンがローソンに

少し前の話題ですが、

セーブオンとは群馬県を本社に置くローカルなコンビニで、主に群馬県を中心に新潟県や長野県、富山県などで店舗展開してたみたいです。

既に群馬県以外の店舗はローソンに変わったみたいで、今回の発表により全ての店舗でローソンに変わるみたいです。

私もかなり昔ですがセーブオンには何度か入った事があります。
NB(ナショナルブランド)商品などは大手のコンビニと大差ないのですが、おにぎりや弁当などのフードや、ファーストフードなどは見た目から見劣りがするなぁという印象でした。
こういった独自のブランドの商品力は、資金が多い大手の方がどうしても有利になるので仕方ない面があると思います。
ただ、セーブオンの特徴として、弁当が他のコンビニより格安だったり、39円のアイスがあったりして、独自の路線はあったみたいです。
特に群馬県の中ではローカルコンビニとして県民の間に強い愛着があったみたいです。

コンビニの再編は最近やたら活発で、大きいところでファミリーマートとサークルKサンクスの合併や
ココストアとの合併があります。
小さいチェーンには小さいチェーンなりの面白さがあると思うのですが、大きいチェーンに飲み込まれたりして独自性が失われていくのは、個人的にはどうかなぁと思います。
いずれはセブンイレブンとローソン、ファミリーマートのみになってしまうのはあまりに寂しく思います。
ファミリーマートやローソンの本部のお偉い方々は、そんな事よりも小さいチェーンを自分たちの物にすることしか考えてないでしょうが。