コンビニの仕事に携わる人々

コンビニに関係する仕事をする人は実にたくさんいます。
一般的にはコンビニの店舗で仕事をしているのはお店のオーナーであったり、従業員のパートさんだというイメージが強いと思います。
あとはコンビニ本部の社員さんもイメージしやすいでしょう。

その他にコンビニに関わる仕事をしている人たちを紹介していきます。

・商品を運搬する、運送会社のトラックのドライバーさん
コンビニの配送トラックは実は本部のものではなくて、本部と契約している運送会社のものです。
よく街中や幹線道路などで、「セブンイレブン」や「Family Mart」「LAWSON」のロゴが入ったトラックを見かけることがあると思いますが、これらは本部所有でなくて、運送会社の所有になります。
よってドライバーさんはコンビニ本部の社員ではなくて、運送会社の社員さんです。
コンビニで働いていると、大抵毎日同じドライバーさんが商品を納品しに来ますので、顔見知りになったり、仲良くなったりして、色々と世間話などもするようにもなります。

ドライバーんさんとの間での逸話がいくつかありまして、
私の店舗のスタッフさんの中には「三代目J soul brothers」のファンが2人もいまして、たまたま毎日午前中に配送に来ていたドライバーさんも「三代目J soul brothers」のファンでよく話をしていたリ、同じライブに行っていたりしていたみたいです。
ドライバーさんもドライバーさん同士でお店の話とか色々と情報交換をするみたいでして、うちのスタッフさんが「三代目J soul brothers」のファンであることや、ライブによく行っていることを他のドライバーさんも知っていたリしてました。

また、結構前ですが、ドライバーさんがお店のバックヤードにあった消火器を誤って倒してしまい、破壊させてしまったことがありました。
直後に消火器から白い粉が噴射されて、バックヤードが真っ白になり、保管してあったお菓子の一部も真っ白に…、なんてこともありました。
そのドライバーさんはとても誠実な方で、翌日には高島屋で買ったであろう菓子折りを持って謝りに来ました。

Sponsered Link




・店舗の設備修繕屋さん
コンビニの店舗内外の設備にはいろいろなものがあります。
電気から、看板、扉、
オープンケースやウォークインといった冷蔵ケース、リーチインやアイスケースといった冷凍ケース、これらの温度をコントロールする室外機、
冷房や暖房などの空調機、
POSレジや発注をするタブレット端末などなど…。
これらは、それぞれに契約している(担当している)会社があり、それぞれの会社によって定期的に点検があったり、異常があった場合は修理などをしてもらいます。

・タバコ会社の営業さん
コンビニの商品にはタバコがありますので、営業さんがみえます。
主に新商品の紹介だとか、陳列棚のメンテナンスなどをされていかれます。
コンビニのオーナーさんの中には、営業さんを毛嫌いしている方が見えるみたいで、営業さんも世間話をしていると「どこそこの店舗は行きたくない」などと話してくれる方もみえます。
営業さんも人間なので毛嫌いせずに付き合うと、本部の社員だと教えてくれないような他店の情報だとか、競合の他チェーンの情報だとか、出店の情報を教えてくれたりします。

こうやって改めて考えてみると、コンビニには直接ではないにしても色々な業者の方が関与しているなぁと思いました。
一方で思うことはコンビニの本部って、実際に商品を作ってるわけではないし(コンビニと契約している工場が弁当などを作っています)、商品を運ぶわけではない(前述のように運送会社が運ぶ)、新しくコンビニを作る時も店舗開発といって、出店場所を決めて地主さんと交渉するのは本部の開発担当の社員が行いますが、実際に設計するのは建築設計会社の設計師さんで、店舗の建築工事は建設会社が行っています。
じゃあ何してるの?っていうと、コンサル業なのかな?と思います。
何も知らない人は、例えば「セブンイレブン」のトラックを見たりお店に行ったりして、「セブンイレブンって巨大なチェーンだね」って考えてしまいがちで恐ろしいなぁと思います。

Sponsered Link