セブンイレブンとローソンレジも新しく ファミマもあわせて3社の比較

先日ファミマのレジが新しくなると書きましたが、ファミマだけでなく、ローソンとセブンイレブンのレジも刷新されるようです。

セブン-イレブンが2万店のPOSレジ刷新、操作性とセキュリティを向上

ローソンが1万3000店のPOSレジ刷新、全面タッチ画面で省スペース化

プレス発表では今年の夏頃にファミリーマートが先行して発表があったわけですが、どうやら3社とも同じ時期にPOSレジの刷新を図るようです。
ファミリーマートでは客層ボタンの廃止が注目される点だと思いましたが、セブンイレブンでは今回の刷新でこれが注目だ、といえるような内容は記事からは伺えません。
ただお客様向けには高齢者対応だったり、外国人対応だったり、電子マネー決済のスピード化と機能は進化するようです。
また、ファミマでは廃止の客層ボタンはしっかりと残る模様です。

一方でローソンのレジはガラリと変わるようです。
いわゆるキーボードの部分はなくしてしまって、操作は全てタッチパネルで行うこと、
更に注目すべき点としてスーパーではよくみかける自動つり銭機が導入されることでしょう。
コンビニのレジとしては最もデジタルで最先端を行っていると思います。
最近の私の世代よりも若い方々はPCよりもスマホやタブレットに慣れているみたいなので、慣れ親しみやすいでしょうし、特に新人のスタッフが仕事を早く覚えるのに役立つと思います。
また、つり銭が自動ででてくるのは、レジでのお金の受け取りミスや、つり銭の渡し間違えなどもなくなっていいと思います。
特にレジを精算したり、スタッフの交代時にレジ内の現金があってるかチェックする訳ですが、そこでお金がずれてると店長、スタッフ共々ものすごいストレスになるわけです。
お金がずれてるイコール、レジミスが生じているわけですから(プラスならお金の貰いすぎかつり銭渡し忘れ、マイナスならお金のもらい忘れかお釣りの渡しすぎ)。
それが嫌だったり、悩んだりで辞めてしまうスタッフもいるわけです。
つり銭ミスから解放されることは、かなり気分が楽になると思います。

ただこのローソンレジのデジタル化は個人的によくフリーズしたり、壊れやすくならないのかなって懸念があります。
また自動つり銭も、機械がつり銭をだすのと、人の手で直にお釣りを渡すのではスピードが全然違うので、特に急いでいるお客様には避けられるのではないかと思わなくもありません。

日払い可能なコンビニバイト・飲食店バイトはココ

Sponsered Link




ファミマのレジが新しく

ファミリーマートが110億円を投入してレジを新しくするようです。

ファミマが110億円かけてPOSレジ刷新へ

レジの年齢キーは廃止、ファミマ流「引き算」

ファミマのレジは何と11年間も刷新することなく同じハードを使用してきました。
コンビニのレジでのサービスは日々増える一方で、この10年間でレジサービスで増えたものとして思い付くだけで、
  ⚫電子マネー決済の導入
  ⚫店頭でのネットショッピングの荷物受け取り開始
  ⚫posaカードと呼ばれるプレペイド式のネットマネーの取り扱い
などがあるわけです(考えればまだあると思います)。
当然サービスが増えれば、レジにそれらの機能を追加しなければならないわけで、10年間でレジの容量は膨れ上がる一方だったに違いありませんし、店員さんのレジの操作も複雑になる一方だったに違いありません。

今回の刷新の目玉は上のリンクの記事でもあるように、客層ボタンと呼ばれる年齢キーを廃止することでしょう。
この客層ボタンに関しては以前も記事にしたのですが、今の時代に本当に必要かどうかは私は疑問に思っていました。
なぜなら、コンビニ店員さんの大半は客層ボタンを適当に押してしまうことがほとんどでしょうし、客層の購買データなどはファミマならTカード、ローソンならpontaといった会員カードで得られるからです。
ようやくファミマの本部さんは客層ボタンの不必要性に本格的に取り組んだ訳ですが、
他にも記事からは伺えませんが、客層ボタン以外にもレジ操作を簡素化してよりシンプルにしていくみたいです。

現場としては、本部のこの取り組みは有り難いです。
新しく従業員を雇って教育をする際に、最初に一番苦労するのがレジ操作を教えることです。
今のコンビニは10年前に比べて扱うサービス量が増えて、覚えることも多いし、レジ操作も覚えて慣れるまで結構な時間を費やします、
中には折角採用しても、覚えることが多くてついていけずに辞めてしまうパターンも珍しくないのです。
なのでよりシンプルに簡単に、という引き算的な考えはこれからますます重要になっていくでしょう。

日払い可能なコンビニバイト・飲食店バイトはココ

Sponsered Link




ファミリーマートでユニコが使えるように

2018年の春頃にファミリーマートで、アピタやピアゴで発券している電子マネーのユニコが使用できるようになるみたいです。

ユニコは正式にはunikoと表記するみたいですが、ユニコというよりもウニ子と読めてしまいます。
人によってはウ⚫コなどと読めてしまうのではないでしょうか。
セブンイレブンのnanaco(ナナコ)のパクりじゃないか、って思ったのは私だけではないと思います
ただ、このユニコ、東海地方ではユニーやアピタのお膝元だけあって、かなり普及されているみたいです。
コンビニでは今のところサークルKサンクスで使えます。
個人的に思うのは、やっとでファミマで導入ってちょっと遅いんじゃない?って正直思いました。
ファミマがユニーやサークルKサンクスと統合したのが去年の9月なのに、いまになってようやくですか、と思いました。

サークルKからファミマに転換されたお店では、ファミマになってTカードを扱うようになった反面、楽天カードやユニコが使えなくなって常連さんにはがっかりさせてきたかと思います。
元々のファミマのお店としては、扱うカードがまた増えてしまってスタッフさんのレジオペレーションが増えてどんどん複雑になるというデメリットもあると思います。
またユニーファミリーマートホールディングスとしても独自のポイントカードの導入を進める構想があるみたいですし、この先ファミリーマートのカード会員カードはどうなっていくのか?注目すべきだと思います。
私個人としては、Tポイントカードがファミリーマートでは定着してしまったので、あれもこれもって言うのは店員にもお客さんにも両方よくないとおもうのですが。

日払い可能なコンビニバイト・飲食店バイトはココ

Sponsered Link




ファミチキ先輩でギネス認定

ファミリーマートでは今年の春過ぎ頃から「ファミチキ先輩」なるキャラクターが登場して、度々ファミマのCMなどにも登場していますが、
今回はファミリーマート加盟店の有志の方々がこのファミチキ先輩のコスチュームを着て一堂に集まり、「同じマスコットに仮装して集まった最多人数」のギネス記録に認定された模様です。
その数なんと775人。

あのファミチキ先輩のコスプレが800人もずらーっと並んだわけです。
異様な光景だったでしょう。
気持ち悪いといえば、気持ち悪い光景に違いありません。
しかしインパクトはこの上ないものだったでしょう。
ファミチキ先輩自体かなりインパクトのあるキャラクターだと思いますし、ファミマにとってこのインパクトが大事でいかに世間一般の人に振り向いてもらえるかが大事なのかもしれません。
コンビニ業界は今やセブンイレブンの一強と言われつつありますが、例えばテレビCMでもセブンイレブンのように商品をいかに美味しそうに魅せるかを真似しても、結局はセブンの真似に映ってしまい視聴者の印象に残りません。
そういった意味でもファミチキ先輩の奇抜なキャラは、ファミリーマートの存在感をうまく主張しているのではないでしょうか?

2ちゃんねるでは今回のイベントに関して、加盟店が自腹で横浜に集まったとか、本部が加盟店を強制させたのではないか、とかいろいろと書かれているみたいですが(私もそのスレッド読みました)、
自腹は本当ですが(あくまでも有志の集まりなので)、決して強制参加ではなくて、ファミリーマートやファミチキ先輩が好きなお店の方が集まったみたいです。

日払い可能なコンビニバイト・飲食店バイトはココ

Sponsered Link




ローソンでホットミルクを販売

ローソンでは全国の店舗で17日からホットミルク(税込130円)の販売を始めるみたいです。

ローソン、レジ横で「ホットミルク」販売へ

今やカウンターでの挽きたてコーヒーは定番となっていますが、次はミルクですか。
ローソンのコーヒーは「マチカフェブランド」で、ブレンドコーヒー以外にもカフェラテや紅茶などのメニューも充実しているので、ホットミルクも当然ありだなと思います。
むしろ今まで何でなかったの?と思わないでもないです。
生乳100%ということなので、コーヒーマシンで抽出する際も加水など一切せずに、そのまま60℃にして出すのでしょう。

カルシウム不足の方に ローソンがホットミルク販売
ホットミルク1杯
約180グラムで約200ミリグラムのカルシウムが含まれているみたいです。
こういう身体にいいよ、ってさりげなく主張するところもローソンらしくていいですね。
元々ローソンの起源はアメリカの牛乳販売店なので、これも自然な流れでなってしまったのかなと思います。

日払い可能なコンビニバイト・飲食店バイトはココ

Sponsered Link