ファミマのレジが新しく

ファミリーマートが110億円を投入してレジを新しくするようです。

ファミマが110億円かけてPOSレジ刷新へ

レジの年齢キーは廃止、ファミマ流「引き算」

ファミマのレジは何と11年間も刷新することなく同じハードを使用してきました。
コンビニのレジでのサービスは日々増える一方で、この10年間でレジサービスで増えたものとして思い付くだけで、
  ⚫電子マネー決済の導入
  ⚫店頭でのネットショッピングの荷物受け取り開始
  ⚫posaカードと呼ばれるプレペイド式のネットマネーの取り扱い
などがあるわけです(考えればまだあると思います)。
当然サービスが増えれば、レジにそれらの機能を追加しなければならないわけで、10年間でレジの容量は膨れ上がる一方だったに違いありませんし、店員さんのレジの操作も複雑になる一方だったに違いありません。

今回の刷新の目玉は上のリンクの記事でもあるように、客層ボタンと呼ばれる年齢キーを廃止することでしょう。
この客層ボタンに関しては以前も記事にしたのですが、今の時代に本当に必要かどうかは私は疑問に思っていました。
なぜなら、コンビニ店員さんの大半は客層ボタンを適当に押してしまうことがほとんどでしょうし、客層の購買データなどはファミマならTカード、ローソンならpontaといった会員カードで得られるからです。
ようやくファミマの本部さんは客層ボタンの不必要性に本格的に取り組んだ訳ですが、
他にも記事からは伺えませんが、客層ボタン以外にもレジ操作を簡素化してよりシンプルにしていくみたいです。

現場としては、本部のこの取り組みは有り難いです。
新しく従業員を雇って教育をする際に、最初に一番苦労するのがレジ操作を教えることです。
今のコンビニは10年前に比べて扱うサービス量が増えて、覚えることも多いし、レジ操作も覚えて慣れるまで結構な時間を費やします、
中には折角採用しても、覚えることが多くてついていけずに辞めてしまうパターンも珍しくないのです。
なのでよりシンプルに簡単に、という引き算的な考えはこれからますます重要になっていくでしょう。

日払い可能なコンビニバイト・飲食店バイトはココ

Sponsered Link




ローソンでホットミルクを販売

ローソンでは全国の店舗で17日からホットミルク(税込130円)の販売を始めるみたいです。

ローソン、レジ横で「ホットミルク」販売へ

今やカウンターでの挽きたてコーヒーは定番となっていますが、次はミルクですか。
ローソンのコーヒーは「マチカフェブランド」で、ブレンドコーヒー以外にもカフェラテや紅茶などのメニューも充実しているので、ホットミルクも当然ありだなと思います。
むしろ今まで何でなかったの?と思わないでもないです。
生乳100%ということなので、コーヒーマシンで抽出する際も加水など一切せずに、そのまま60℃にして出すのでしょう。

カルシウム不足の方に ローソンがホットミルク販売
ホットミルク1杯
約180グラムで約200ミリグラムのカルシウムが含まれているみたいです。
こういう身体にいいよ、ってさりげなく主張するところもローソンらしくていいですね。
元々ローソンの起源はアメリカの牛乳販売店なので、これも自然な流れでなってしまったのかなと思います。

日払い可能なコンビニバイト・飲食店バイトはココ

Sponsered Link




最低時給の上昇とコンビニ経営

10月に入り、全国で最低時給が見直されて、平均で3%上がることになりました。
最低時給とは、雇い主がパートさんやアルバイトくんに払う時給の最低額で、この額を下回ってはいけないことになっています。
ただし全国で一律ではなく、各都道府県で異なっています。

例えば、今回の改訂で東京都は958円ですが、九州では737円の県が大半となっています、
これは都道府県によって景気や経済状況などが異なるために生じている現象で、首都圏や関西圏、中京圏ではほかの地域よりも高くなっており、日本国内でもこのような格差がでかくなっています。
雇われる側としては、同じ仕事をするなら少しでも時給が高い方がいいに決まっていると思います。
余談ですが、賃金格差が都会への人口流入と地方の過疎化を進めていると思いますし、自民党政権、特に小泉政権以降はこの地方と都会の格差や地方の切り捨てが顕著に進んでいるように思います。

日払い可能なコンビニバイト・飲食店バイトはココ

Sponsered Link




話を戻しまして、
では雇い主の立場ではどうでしょうか。
製造業や飲食業では元々時給が高いところが大半なのでさほど影響はないのかも分かりません。
コンビニやスーパーなどの小売業では、結構最低時給すれすれの所が大半なので、そのまま時給を上げて人を雇わなくてはいけないところが多いと思われます。
売り上げが上がらなければ、そのまま人件費が上昇して利益が減ってしまいます。
例えば、これまで時給800円だったお店が今回の最低時給の上昇で830円に上げなくてはならなくなりました。
コンビニのシフトで例えると、24時間をパートさん1人プラスオーナー夫妻交代で回しているお店なら、1日当たり単純に24×30で720円の人件費が上がります、これが一ヶ月になると720×30で21600円も上がってしまいます。
パートさんが常に2人いるお店なら単純に一ヶ月で43200円の上昇となります。
これはコンビニ経営にとってかなり頭を悩ませる問題で、このまま
毎年同じペースで最低時給が上がれば、経営が圧迫されて廃業(つまり閉店)せざるを得なくなる所が増えていくでしょう。
私がコンビニの店長を始めた頃に比べ、今では当時より時給が100円も上がっています。
従業員さんにとっては喜ばしくても、経営する側には本当に頭が痛いです。

このような状況でも利益を増やすには、もはや売り上げをあげるしかないのです。
先日トップチェーンのセブンイレブンが、加盟店に対してロイヤリティを1%減額する施策を発表しましたが、今後は本部が加盟店に対してロイヤリティ減額や人件費の一部負担などの支援をしない限り、今のコンビニビジネスのモデルは大袈裟な話でなく2~3年以内に崩壊しかねないかと思います。

日払い可能なコンビニバイト・飲食店バイトはココ

Sponsered Link




コンビニ本部社員の労務管理

最近担当のSVさんと話をしていて、どうやら以前に比べて会社(本部)から社員に対して勤務時間や残業や休日に対してかなり厳しくチェックが入ってるらしいです。
コンビニといえば24時間営業が当たり前で、世間一般ではオーナーや店長が休みなしや夜勤をやったりしているイメージが強いのでしょうが、本部のSV(OFC)さんも負けず劣らず長時間勤務の休日返上で仕事、というのがこの業界の常識でした。
昨年の電通社員の過労自殺の事件を経ての、世の中の労働に関する目が厳しくなった結果でしょう。
私の担当のSVさんはこの事に歓迎するどころか、むしろ仕事を時間内に終わらせることができなかったり、夕方以降になかなかお店を回れなくなって困っていました。
コンビニ業界で長く仕事している人は、どちらかというと長時間勤務に対する感覚が麻痺している人がほとんどなので、今さら長時間働かずにさっさと帰れ、何て言われても困るのは当然のように思います。

私達コンビニFC店のオーナーや店長の立場から本音を言わせてもらうと、人手不足が年々強まりシフトが埋まり辛い皺寄せが全てこちらにきて労働条件は悪化する一方なのに、何で本部社員ばっかり、何て思っている人が大半でしょう。
そういえば以前、ファミマの社員が週4日勤務を導入、なんて話題もありましたっけ?
SVさんはサラリーマン、つまり雇われ、オーナーは個人事業主だから立場が違う、というので筋が通ってしまうのですが、それはそれで本部はオーナーに対して冷たいんじゃないの?と思います。
せめてオーナーの勤務状況を良くする施策も考えて欲しいな?と思ったりします。
今の現状では世間一般的に見て、コンビニ経営は魅力がなく見えますし、オーナーの成り手もいなくなってしまうように思います。

日払い可能なコンビニバイト・飲食店バイトはココ

Sponsered Link




8月のコンビニ

さて8月に入りましたね。
小売業は最大の商戦期であります。
ですが今年は天候の変動が激しく、極端に暑くなったと思いきや急に涼しくなったり、晴天の日が例年に比べて少なく、何だかぱっとしない天気が続いています。
本来なら盛夏であれば発注もイケイケドンドンですが、今年は多くのコンビニ店舗で発注に頭を悩ましているのではないでしょうか?
多くのコンビニでは8月は夏休みやお盆休み、イベントも各地で多く行われて一番売り上げが高い月です、
例外は夏休みで学生が激減する大学の近くや、お盆休みで人が激減するオフィス街、冬がピークのスキー場周辺でしょうか?

今月特に売り上げが一気に伸長するのはおにぎりやサンドイッチ、アイスクリームやソフトドリンク類などでしょう。
特にアイスクリームや炭酸飲料は暑ければ暑いほど売れます。
スポーツ系のイベントがあったり海の近く、釣り場の近くであればかちわり氷も相当売れます。
以前ある海岸の近くのサークルKに立ち寄ったら、通常のリーチイン以外にかちわり氷をストックする小型の冷凍庫を何台も売場に設置している店舗を見たことあります。
それほど氷の需要は凄まじいのでしょう。
冷やし中華しゃざるそば等の冷やし麺も当然暑ければ暑いほど売れます。
これらは在庫には注意しておきたいです。
グループで来店されて一気に在庫が減るのはよくあることです。
逆に雨で一気に涼しくなると、これらの売り上げはぱたっと落ちますし、大量に廃棄がでることもよくあることです。

とにかくコンビニにとっては、夏は暑ければ暑いほど売上をとれるチャンスだということです。

日払い可能なコンビニバイト・飲食店バイトはココ

Sponsered Link