コンビニとインバウンドの需要

私の住むところは、観光地として名を馳せており、特に近年は外国人観光客が非常に増えてます。
昔から外国人の観光客はみえたのですが、近年は行政の方も市役所に海外戦略課があったり、外国人の日本観光のメジャーな観光ルートの中に組み込まれていたりするみたいです。
私が経営しているコンビニは観光地のど真ん中にあるわけではないのですが、一応幹線道路沿いにあり、車で来店される方がメインとなってます。

私のお店にやって来られる外国人のお客様の来店パターンはいくつかあり、
大型の観光バスが駐車場に停まり、集団で来店される。
レンタカーで家族や、仲間で来店される。
自転車で来店される。
徒歩で来店される。

今までの体験上、4つが多いと思います。
最近は②が多いでしょうか。
①の観光バスが停まった時は、お店の中は物凄いことになります。
外国人が一気に20人か30人ほど降りてきて、それまで店内は閑散としてたのに急に賑やかになります、しかも会話は当然日本語ではありません。
どの国からみえる方が多いかというと、言葉から想像すると中国や韓国が圧倒的に多く、英語圏の方もよくみえます。
もちろん、私を含めお店のスタッフに中国語やハングルが分かる人はいなく、何を言っているのか分からない状態。
レジは画面の金額を指さししたり、英語が通じるお客様なら、片言の単語でやりとりしてます。
スタッフにR君という多少英語のできる(と言っても話せるわけではないが)若いお兄ちゃんがいて、彼にいろいろと単語とかを教わったり、彼のやり取りを見て参考にしてたりしてます。

先日は人手不足で私が夕方一人で勤務しているときに(いわゆるワンオペですね)、バスがとまり、レジ私一人に対して多くの中国人(?)のお客様の接客をしなくてはいけない状況になりました。
レジにはお客様が並ぶ並ぶ。
しかも日本語が通じない(ありがとうぐらいしかお互いに分からない)。
夕方なので仕事帰りの常連のお客様も結構みえて、常連さんもこの状況にはかなりびっくりしてました。

こういった事が不意に起こります。
ただ、経営してる身としては、一度に数千円使われる方が多いので、ありがたいなぁと思います。