コンビニレジの年齢確認ボタンについて

コンビニでお酒やタバコを買おうとしますと、必ず年齢確認のボタンを押すように店員さんに促されます。
これはレジでお酒かもしくはタバコのバーコードをスキャンすると、レジのお客様側の液晶画面が自動的に切り替わってしまいます。

レジは「年齢確認の必要な商品です」などと勝手に喋ってくれます。
本部からは店員が勝手に押さずに、お客様にご自身でタッチして頂くように案内してください、と指導されています。

日払い可能なコンビニバイト・飲食店バイトはココ

Sponsered Link




この年齢確認のボタンをお客さんが押してくれないと、次の商品をスキャン登録したり、支払いが出来なくなっており、お客さん側にしても、お店にしても非常に面倒な存在になっています。
何が面倒かって言いますと、たまに押すのを拒否したり、難癖をつけてくる人がいるわけです。
50か60くらいのおっさんに多いのですが、「俺が未成年に見えるのか?見りゃわかるだろ」的な事を言われたことは多いです。
こちらもそれは分かりますが、ボタンを押してくれないと次に進めないので、仕方なく丁寧にお願いするわけです。
それでも最近ではどのコンビニでも年齢確認のボタンは導入されてるので、そういった難癖をつける人はほとんどいなくなりました。

他に実際にみえたお客様で、この年齢確認のボタンを何人も触ってるから自分は触りたくない(だから代わりにあんたがタッチしてくれ)等と言ってくる人もいます。
これは潔癖なのか単なるワガママなのか…。
まぁこの程度の潔癖だったら恐らく外食や買い物したり、電車やバスに乗ったりなど出来ないでしょうから(それ以前に田舎で完全な車社会なので電車やバスの需要は相当低いですが)、単なるワガママで偏屈なオヤジなんでしょう。

こちらも本当は分かってるんです、「あきらかに未成年ではないお客さんに対して何でこんなちょっと間違えればトラブルになりかねない事をしないといけないの」って。
ですが、レジが年齢確認のボタンを押さないと次に進めない仕様になっているので、押して頂くしかないのです。
またこちらから手を伸ばして勝手にボタンを押しようものなら、本部にそれがバレてしまった場合、「そういう事は辞めてください、ちゃんとお客様に案内してください」とねちねちと指導されるのが分かりきってるので。

あと、外国人のお客様の反応はホント温かいです。
「年齢確認のボタンのタッチをお願いします。」と言っても通じないですから。
英語なんて喋れないので画面を指差して「touch please」などと言うわけです。
大抵の人は一瞬ポカーンとしてますが、レジ画面は親切にも英語や中国語でも書かれているので理解はして頂けます。
理解したらほとんどの人は笑っていただけます、多分「私そんなに若く見えるのね」とか、「日本のコンビニ面白いね」などと言っているのだと思います。

日払い可能なコンビニバイト・飲食店バイトはココ

Sponsered Link




コンビニとインバウンドの需要

私の住むところは、観光地として名を馳せており、特に近年は外国人観光客が非常に増えてます。
昔から外国人の観光客はみえたのですが、近年は行政の方も市役所に海外戦略課があったり、外国人の日本観光のメジャーな観光ルートの中に組み込まれていたりするみたいです。
私が経営しているコンビニは観光地のど真ん中にあるわけではないのですが、一応幹線道路沿いにあり、車で来店される方がメインとなってます。

私のお店にやって来られる外国人のお客様の来店パターンはいくつかあり、
大型の観光バスが駐車場に停まり、集団で来店される。
レンタカーで家族や、仲間で来店される。
自転車で来店される。
徒歩で来店される。

今までの体験上、4つが多いと思います。
最近は②が多いでしょうか。
①の観光バスが停まった時は、お店の中は物凄いことになります。
外国人が一気に20人か30人ほど降りてきて、それまで店内は閑散としてたのに急に賑やかになります、しかも会話は当然日本語ではありません。
どの国からみえる方が多いかというと、言葉から想像すると中国や韓国が圧倒的に多く、英語圏の方もよくみえます。
もちろん、私を含めお店のスタッフに中国語やハングルが分かる人はいなく、何を言っているのか分からない状態。
レジは画面の金額を指さししたり、英語が通じるお客様なら、片言の単語でやりとりしてます。
スタッフにR君という多少英語のできる(と言っても話せるわけではないが)若いお兄ちゃんがいて、彼にいろいろと単語とかを教わったり、彼のやり取りを見て参考にしてたりしてます。

先日は人手不足で私が夕方一人で勤務しているときに(いわゆるワンオペですね)、バスがとまり、レジ私一人に対して多くの中国人(?)のお客様の接客をしなくてはいけない状況になりました。
レジにはお客様が並ぶ並ぶ。
しかも日本語が通じない(ありがとうぐらいしかお互いに分からない)。
夕方なので仕事帰りの常連のお客様も結構みえて、常連さんもこの状況にはかなりびっくりしてました。

こういった事が不意に起こります。
ただ、経営してる身としては、一度に数千円使われる方が多いので、ありがたいなぁと思います。