セブンイレブンとローソンレジも新しく ファミマもあわせて3社の比較

先日ファミマのレジが新しくなると書きましたが、ファミマだけでなく、ローソンとセブンイレブンのレジも刷新されるようです。

セブン-イレブンが2万店のPOSレジ刷新、操作性とセキュリティを向上

ローソンが1万3000店のPOSレジ刷新、全面タッチ画面で省スペース化

プレス発表では今年の夏頃にファミリーマートが先行して発表があったわけですが、どうやら3社とも同じ時期にPOSレジの刷新を図るようです。
ファミリーマートでは客層ボタンの廃止が注目される点だと思いましたが、セブンイレブンでは今回の刷新でこれが注目だ、といえるような内容は記事からは伺えません。
ただお客様向けには高齢者対応だったり、外国人対応だったり、電子マネー決済のスピード化と機能は進化するようです。
また、ファミマでは廃止の客層ボタンはしっかりと残る模様です。

一方でローソンのレジはガラリと変わるようです。
いわゆるキーボードの部分はなくしてしまって、操作は全てタッチパネルで行うこと、
更に注目すべき点としてスーパーではよくみかける自動つり銭機が導入されることでしょう。
コンビニのレジとしては最もデジタルで最先端を行っていると思います。
最近の私の世代よりも若い方々はPCよりもスマホやタブレットに慣れているみたいなので、慣れ親しみやすいでしょうし、特に新人のスタッフが仕事を早く覚えるのに役立つと思います。
また、つり銭が自動ででてくるのは、レジでのお金の受け取りミスや、つり銭の渡し間違えなどもなくなっていいと思います。
特にレジを精算したり、スタッフの交代時にレジ内の現金があってるかチェックする訳ですが、そこでお金がずれてると店長、スタッフ共々ものすごいストレスになるわけです。
お金がずれてるイコール、レジミスが生じているわけですから(プラスならお金の貰いすぎかつり銭渡し忘れ、マイナスならお金のもらい忘れかお釣りの渡しすぎ)。
それが嫌だったり、悩んだりで辞めてしまうスタッフもいるわけです。
つり銭ミスから解放されることは、かなり気分が楽になると思います。

ただこのローソンレジのデジタル化は個人的によくフリーズしたり、壊れやすくならないのかなって懸念があります。
また自動つり銭も、機械がつり銭をだすのと、人の手で直にお釣りを渡すのではスピードが全然違うので、特に急いでいるお客様には避けられるのではないかと思わなくもありません。

日払い可能なコンビニバイト・飲食店バイトはココ

Sponsered Link




ファミマのレジが新しく

ファミリーマートが110億円を投入してレジを新しくするようです。

ファミマが110億円かけてPOSレジ刷新へ

レジの年齢キーは廃止、ファミマ流「引き算」

ファミマのレジは何と11年間も刷新することなく同じハードを使用してきました。
コンビニのレジでのサービスは日々増える一方で、この10年間でレジサービスで増えたものとして思い付くだけで、
  ⚫電子マネー決済の導入
  ⚫店頭でのネットショッピングの荷物受け取り開始
  ⚫posaカードと呼ばれるプレペイド式のネットマネーの取り扱い
などがあるわけです(考えればまだあると思います)。
当然サービスが増えれば、レジにそれらの機能を追加しなければならないわけで、10年間でレジの容量は膨れ上がる一方だったに違いありませんし、店員さんのレジの操作も複雑になる一方だったに違いありません。

今回の刷新の目玉は上のリンクの記事でもあるように、客層ボタンと呼ばれる年齢キーを廃止することでしょう。
この客層ボタンに関しては以前も記事にしたのですが、今の時代に本当に必要かどうかは私は疑問に思っていました。
なぜなら、コンビニ店員さんの大半は客層ボタンを適当に押してしまうことがほとんどでしょうし、客層の購買データなどはファミマならTカード、ローソンならpontaといった会員カードで得られるからです。
ようやくファミマの本部さんは客層ボタンの不必要性に本格的に取り組んだ訳ですが、
他にも記事からは伺えませんが、客層ボタン以外にもレジ操作を簡素化してよりシンプルにしていくみたいです。

現場としては、本部のこの取り組みは有り難いです。
新しく従業員を雇って教育をする際に、最初に一番苦労するのがレジ操作を教えることです。
今のコンビニは10年前に比べて扱うサービス量が増えて、覚えることも多いし、レジ操作も覚えて慣れるまで結構な時間を費やします、
中には折角採用しても、覚えることが多くてついていけずに辞めてしまうパターンも珍しくないのです。
なのでよりシンプルに簡単に、という引き算的な考えはこれからますます重要になっていくでしょう。

日払い可能なコンビニバイト・飲食店バイトはココ

Sponsered Link




コンビニのレジの年齢ボタン

コンビニのレジには「客層ボタン」といって、会計の最後に押すボタンがあります。
レジで受け取ったお金を打ち込んで、その後に押します。
するとレジが開いてお釣りが渡せるようになります。
この「客層ボタン」を押さないと、レジが開きませんし、開かないとおつりを渡すこともできません。
イメージとしてはこんな感じ↓

右側の青と赤のボタンです。
「客層」という字のそのままの如く、買い物をされたお客様が男性(青色)か?女性(赤色)か?
男性だったら年代は?10代?20代?30代?40代?50代?
同じく女性だったら年代は?10代?20代?30代?40代?50代? それとも10代未満?60歳以上?
をお客様を見て、頭の中でパッと判断して押すボタンです。

この「客層ボタン」によるデータはお店のパソコンで見ることができて、例えば朝7時台にはどの性別や年代の方がどれだけお買い物されたか?などと数値化して確認することができます。
また、私がこの仕事を始めたばかりの10年以上前は、その時指導してくださった店長さんから、この「客層ボタン」のデータによって商品開発に役立てている、なんてことも教わりました。

ただし、コンビニの店員さんが「客層ボタン」を正確に押していないと、このデータは全く信憑性がありませんし、正確に押している店員さんははっきり言って少ないでしょう。
男性か女性かはパッと見や、声などで9割方間違えないでしょうが、難しいのは年代です。
特に30歳代や40歳代の方はどちらかなんて初めて見る人には判断がつかない方が多いでしょう。
店員さんの立場からぶっちゃけて言わせてもらうと、ほとんどのコンビニ店員は「客層ボタン」なんて適当に押しています。
(真面目にボタンを選んでいるコンビニ店員の方々、すみません)
というか、レジが並んだり、買い上げ点数が多かったりすると、いちいち目の前のお客さんをみて判断する余裕などない、というのが正直なところです。
店員さんによっては「男性30代」しか押さない、と決め打ちをしている人もいるくらいです。
ですので、上述の通り、「客層ボタン」のデータはほとんど信憑性がないと言えます。
私自身、コンビニ本部の方から「客層ボタン」を正確に押してください、などと指導された事は一度もありません。

近年は、ローソンでの「ponta」やファミマの「Tポイントカード」、セブンの「nanaco」などの会員カードを持っている人が多いので、その会員カードに登録されている個人のデータを元にいろいろと分析がなされているところです。
もちろん、個人情報なので、特定の個人の細かい買い物履歴を調べることまではしていないでしょうが。
「客層ボタン」はもはや今の時代にはそぐわないものなのでしょう。
レジを打つ立場からしたら、あまり「客層ボタン」は意味がないので、なくしてくれないかな?なんて思うわけです。

日払い可能なコンビニバイト・飲食店バイトはココ

Sponsered Link